スポンサーサイト

  • 2016.11.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【世界樹通信】「今から皆さんに時間を取って聞いてもらいます。『思いは招く』っちゅう話です」@株式会社植松電機・植松努専務

    • 2014.11.17 Monday
    • 06:33
    植松電機_植松専務

    今から皆さんに時間を取って聞いてもらいます。
    「思いは招く」っちゅう話です。


    植松さんは、リサイクル用マグネットを製造している植松電機の専務さんです。
    社員は17人。
    ロケットを作り、宇宙開発をしています。無重力を体験できる施設もあります。

    でも、僕に取って宇宙開発は夢じゃありません。
    僕にとって宇宙開発は手段にすぎません。


    おばあちゃんが、大事なことを教えてくれたと言われます。
    おばあちゃんは、樺太で自動車の会社をやっていて
    ソビエト軍が攻めてきて、紙屑になったことを知ったそうです。

    だからばあちゃんは、小さな僕に教えてくれました。

    お金は値打ちが変わってしまう。だからくだらない。
    お金があったら貯金なんてしないで、本を買いなさい。頭に入れなさい。
    それは誰にも取られないし、新しいことを生み出すんだよ。

    と、僕に教えてくれました。

    だから僕は、本屋が大好きな子供になりました。


    大好きなおじいちゃんとはアポロの月着陸を一緒にテレビを見ます。
    見たこともないほど喜ぶおじいちゃんの笑顔を、もう一度見たい。

    だから僕は本屋に行ったら、飛行機やロケットの本を手に取ったんです。


    (VTR・20分42秒)

    「どうせ無理」は、人間のから自信と可能性を奪ってしまう最悪の言葉です。
    でも、とっても簡単な言葉なんです。これを唱えるだけで、何もしなくて済んでしまうから、とっても楽ちんになれる
    恐ろしい言葉でもあるんです。

    こんな言葉で、未来を諦めさせられてしまった人たちは、
    自信を失ってしまうんです。でも、人間は生きていくためにはどうしても自信が必要なんです。

    だから、自信をなくしてしまった人の中には、お金で自信を買うようになって身を飾るようになったり、またそれを、自慢しなければいけなくなったり、そのために、人を見下さなければならなくなってしまったり、他の人が頑張ったら困るから、努力を邪魔するようになったりするんです。


    でも、その人たちは、自信をなくしてしまった、可哀想な人たちなんです。

    アフリカでは、どうせ勉強ができなから、と言って、人の物や命を奪う犯罪も起こる。
    「どーせ無理」って?
    宇宙開発は、この「どーせ無理」という言葉をなくそうと思うことから

    だから、僕は、宇宙開発をしてみようと思ったんです。

    (残りはVTRで)

    …あなたの心の奥底に、自分で閉じ込めた事柄は、ありませんか?


    参考WEB:植松電機WEBページ

    【世界樹通信】「母子手帳」の弊害。使っているのは日本だけです。

    • 2014.10.09 Thursday
    • 05:46
    母子手帳は、どこで作られたのか、知っていますか。

    ****youtube内 『母子手帳 驚愕の真相!』真弓定夫 より抜粋。

    今日はワクチンと言うテーマでお話になってるわけですが。
    母子手帳は、どこで作られたのかは知っていますか。

    国はどこですか? アメリカ。 

    アメリカの誰が作ったんですか?
    アメリカの乳業会社が作ったのです

    母子手帳の大きな問題は牛乳のことなんですけど、
    もう一つはワクチン。
    アメリカは1945年、戦争で勝って、戦争には勝ったのだけど、
    日本はアメリカより優れた国なのか、
    日本人はアメリカ人より、いかにすぐれた人間かというので、
    マッカーサーとかルーズベルトが、昭和20年の段階で知るわけです。

    ほっておくと第二の真珠湾攻撃があるかもしれない というので、
    日本人を劣化させないといけない。

    劣化させる上で、一番役にたったのが母子手帳なんです。

    母子手帳はアメリカで、1915年に作られました。
    全国酪農協議会ができまして、政府と癒着が始まった。
    それで、アメリカの政府でなく、乳業会社が作った。
    1945年まで、いろんな病気が広がってり、民族性が劣化したのです。

    アメリカで失敗したものが、日本が劣化させるには最適だということで使われました。

    アメリカでは育児に適さないのというので廃棄したのです。
    あんな母子手帳を使っているのは日本だけなんです。

    昭和23年から使っている母子手帳の一番最後には、
    こういう予防接種をしなさい、と書いてある。
    昭和22年まで、日本では予防接種なんて、してないんです。

    ワクチンは絶対に受けないようになさってください。

    *******

    参考までに、

    牛乳は乳がんや前立腺がんの原因の一つ。
    最近では自閉症などを悪化させる原因の一つでもある。

    以前「ピンクリボン」関連でマンモグラフィの取材中、
    呆れた事例があります。

    乳がんの罹患者グラフで明らかに1970年代から 異常に伸びている。

    県の担当者に、私は原因は何ですかと、聞いたんです。

    「乳製品です」
    間髪入れずに、即答でした。

    …私は当時もう食事を穀菜食に切り替えていたので、
    食の原因はわかっていたので、あえて聞いてみます。

    どうして、規制しないんですか?

    「…」

    回答なし。

    思考停止するんですね。
    自分たちが牛乳が健康に良いなんて間違った情報で、
    自分たちが病気を作り出しているなんでことです。
    そこを突っ込むと、何も考えられなくなります。

    これを人間性の劣化と言います。


     

    【世界樹通信】MLM(マルチレベルマーケティング:紹介販売)か一般流通か、という愚問。

    • 2014.07.16 Wednesday
    • 21:29

    「ネットワークビジネスなんて、みんな儲かるなんて言って、日本には向かない」
    なんてセリフを聞いて、おや、と。
    私は、ネットワークビジネスは日本に根付かないなんて、実は思ってない訳です。
    だいたい、30年以上たって、数多くの人を食べさせている時点で「根付いていない」という認識が
    間違いだと思うのですよね。

    たいてい、その否定的な論者の大半は、
    決まって、自分のビジネスを生み出すまでに至っておらず、収入はそんなに多くない訳で、
    さらに言うなら、人種的には結果を求めるリアル系でなく、物事の過程や文系などに
    強い「ふんわり」した方に多く存在すると思います。

    (大抵、こんな方→「『愛』のサイズというものは… 2012.03.25」)

    ある時来る訳です。
    「すごい話がある」か、「すごい商品がある」って。
    大抵、トラブルになるのは、子供みたいなビジネス素人が、受け手も伝え手も多い点です。

    ネットワークビジネス、いわゆるMLM(マルチレベルマーケティング)は、
    一般流通の、問屋、広告費(広告代理店)、小売りを、
    ディストリビューターという個人事業主に任せて
    インセンティブボーナスとして紹介料を払うシステムです。

    位置的には、問屋と広告代理店を兼ねる個人事業主ですので、
    そもそも仕事を生むということはどういうことか、
    経営者をよくよく知ってないと、タダの踊り念仏だろうと考えられます。
    念仏かつ行動が伴うと良いのですが、行動が伴わない場合、仕事ではない訳です。
    最初は、おそらく、どこかの企業の兵隊か、
    旦那さんの給料をやりくりする主婦が始めるのかも知れません。
    ですので、自分がどんなに守られているのか、実感がない場合が多いのです。

    MLMの億単位を扱えるリーダーはやっぱりリーダーの素質がありますし
    細かく厳しいし、実現のためにはいろいろと行動されています。
    成功している一般経営者もまた、本を読んだり、座学していたり、
    従業員を考え、サービスを考えつつ、先の見えない経営というものを
    思い描き、実現のために動いています。

    そして、ビジネス否定の方に、
    割と共通するのは、政治に関して否定的だろうというところです。
    国政というと、日本なら一億人以上の人生がかかるということですが、
    その中に犯罪者や生活不能者までいるのです。
    そして、あなたのそばのあなたが大好きな人達ではなく、大嫌いな人も含みます。
    そうした一人一人の人生を全員、受け入れる覚悟はありますか。

    一般市民からすると
    国政は、上空5,000m付近で空中戦を行っているようなところだと、個人的に感じます。

    ちなみに、MLMにかこつけた「ねずみ講」といった違法なものになると、
    会員数が150万人くらいになると、それがなぜだか自然崩壊するようです。

    とりあえずMLMで成功するにも、自分のビジネスを持つにも、
    根本的な経営や、考え方などの人間的な哲学は、
    一から学ばないといけないと思います。

    さらにMLMを基本とした企業を突っ込むと、宗教関係者が出てくるのが多くありますが、
    正直なところ、大局で考えれば宗教も自己実現の手段なので、特別つっこむこともないでしょう。
    JAL再生で有名な稲盛さんも、良く考えれば仏門に入ってらっしゃって、得度されてるくらいですからね。

    (宗教の考え方 → 内部リンク「宗教というジレンマ 2012.03.27」)

    そして、ネットワークでないと流れない商品というが存在します。
    これは、大抵の場合、健康商品で、西洋医学の裏を行くものがほとんどです。
    一般流通であれば高額になり、かつ、表だっては潰されるものだというくらいの効果の高い物が多いです。
    私も一つの会社を紹介できますが。ご興味のある方は(青字)内に連絡ください。
     (ご興味のおありの方は ⇒ harco_f[at]yahoo.co.jp 私、藤田晴子までご連絡ください。 
     [at]を@に変えて下さい)


    さて、返して一般流通商品は、(特に大企業になればなるほど)
    どれだけ「毒物(食品添加物)をさも食べ物のように形を整えて」売ってる
    のかと思います。
    「I'm Loving it」とか、言ってる場合じゃない訳です。

    「特別な製法で作った牛乳」って、何ですか?
    「果汁1%」って、その他なんですか?

    どれだけ、ケミカルに犯されているのか分かるのかしら? と時々思います。

    脳幹にもどんどんたまってくるようなので、みなさんが大好きだろうと思われる
    直観やなんかいうものも、消えていき、人間的な前向き思考がなくなるので
    阿鼻叫喚のレッドオーシャン的な世界もできるというものです。

    MLM商品にも、はやりケミカルなものがあり、それは大量消費の弊害です。

    以前、こういう話がありました。

    とある老舗の和菓子屋さんのお話です。
    食養的には白砂糖というのは薬物に匹敵するので利用しないのですが、
    企業的には、白砂糖は防腐剤代りになるのです。

    そこの若き経営者が、食養で体を治している私を知って
    わざわざ、お試しの商品を送ってきてくれました。
    餡を作る時に出る小豆ガラを利用したクッキーでした。
    とても、素朴なクッキーでした。美味しかった。
    でも、砂糖が入っている。
    私は、その小豆の味を感じていたのに、どうしても白砂糖の甘さが気になって仕方がなかった訳です。
    変に飾っても、仕方のないことなので、率直に上記のような感想を言いました。

    「実は白砂糖は、防腐剤変わりで・・・」
    そうですよね。
    確かに、いちいち無駄に捨てたりしては、そもそも商売にはならなくなってくるし。

    食養の和尚さんに話たところ、
    結局、職人さんが丹精込めて作るとか、そういうのならいいと思うんだよね。
    なんてお話した覚えがあります。
    身の丈というものが必要で、そして、バランス感覚も必要だとも感じます。

    それでも、某ケミカルがたくさん入った製パンが、非常時には役にたったりするので、
    そのあたりは噛み砕けないのが事実です。
     
    MLMも一般流通も企業として「利を考えている」点ではどちらも一緒です。

    消費者的には、もっと自分の体の事を考えているべきでしょう。
    そうすると、自分の脳内がしゃんとし前向きになりますからね。
    (脳も、口から入った食べ物でできています)

    まずは、そのあたりも、勉強すべきだと思う訳です。
    どちらも経済を豊かにしようとする事には、方向は一緒なんですから。


    (2014年7月7日のかたつむりさん)

    そうそう、西洋的ビジネス(株式などの金融系とか)が得意じゃないなんて意見がありますが、
    世界で初めて「先物取引」をした国は、日本ですからね。
    ビジネスが得意じゃないなんて本当は、ご先祖様たちに失礼なんですよね。


    参考内部リンク
    『愛』のサイズというものは… 2012.03.25」
    宗教というジレンマ 2012.03.27」

    【世界樹通信】世界大戦なんて、起こらないですよ。私的ネットリテラシー「ところで、あなたは何で生活してるの?」

    • 2014.07.03 Thursday
    • 13:10
    ネットリテラシーとして、皆さんの基準点になりますように。

    今(2014年7月2日現在)「集団的自衛権」という関連について、ザワザワしています。

    まず、世界大戦のような戦争は起こりません。
    世界市民の誰もが考えていることです。
    これについては、あくまで個人的意見で、
    恐怖に心を奪われるのは食品添加物で、脳幹が石化してる証拠だろう、とも思いますね。
    人間的な判断力が低下している訳で。

    マスコミはビックマウス。
    恐怖を煽り立てるのは、一番低レベルの洗脳方法です。

    ちなみに、表現として一番難しいのは、 テーマが見えないエンターテイメントで、
    笑い、元気になり、 見ている人が創造に向かう方向に生活を向かわせることです。
    今のテレビの作り手は、ほとんどできないでしょう。
    かなりの、人間的修行が必要ですからね。

    それから、ネット上の発言者に次の点において、注意が必要です。
    元○○とか、実名、顔写真、それから、正確な国籍、
    さらには社会生活を、ぶっちゃけると何をもって金儲けをキチンとしてるかどうか、確認すべきでしょうね。

    経済活動をきちんとしてるかどうかは、正確な国籍より重要だと思っています。
    現実をきちんと見ているかどうかのバロメーターにもなりますから。
    金儲けをするというのは、経済活動の輪に入っているか、という事です。

    「儲ける、儲かる」というのは、突き詰めると、人との繋がりが生じないと発生しませんから、
    その人物は人との繋がりがない人だということが分かります。

    あなたという人は、
    「他人の役に立っているか」の確認が取れるわけですからね。



    (2014年6月10日の久々に映像波形と向き合う…)
     

    【世界樹通信】人を殺せる技術は、人を救える技術。

    • 2014.04.10 Thursday
    • 17:21
    安部政権になり日本は軍国になり、直ぐに戦争になるというような考え方がある。

    彼らの言うのは、第二次世界大戦のような戦争になる。
    もしそうなると、出向くのは若者になる。

    私は問いたい。

    スマホ片手を持った若者が、近隣諸国に愛国心を持って
    物理的に 人を殺しに行けるかと。
    そして、あなたも対象者になる可能性もあると言うこともある。
    銃などを持ち、隣国の人を殺せるのかと。

    相容れない人は簡単に死なない。
    だから、武器開発したり、その道具をきちんと使う技術を習得する訓練が必要になる。

    ただ、次のようにも言える。
    人を殺せる技術は、人を救える技術でもある。
    どの業界でも言える。

    自衛隊を正しく軍と名称を新たにする。
    安部政権で言っているのはそうしたことだろう。
    空は、完全に日本のものではないし…。

    「政治を語るのは趣味じゃない」

    多くの人はそうでしょうが、その姿勢自体が本当は嘘で、
    そこがそもそも、前大戦後、日本が弱る体質にされてしまった所のひとつ。

    どうして良くするのか考えるのは、国民の義務ですが、
    義務を果たしてない人ばかりが、政治家や政権を批判はかりしている訳だから。

    政治家のレベルが落ち、行政がしゃんとしないのは、当然のように感じる。

    2014?0329.jpg
    (2014年3月29日の阿佐ヶ谷)

    「かかる愚民を支配するには、迚も道理をもって諭すべき方便なければ、ただ威をもって畏すのみ。
     西洋の諺に愚民の上に苛き政府ありとはこの事なり。
     こは政府の苛きにあらず、愚民の自ら招く災いなり
     愚民の上に苛き政府あれば、良民の上には良き政府あるの理なり。」
    @学問のすゝめ・福澤諭吉

    【世界樹通信】「忘れないで」って・・・気になる記事から日本を考える。

    • 2014.03.19 Wednesday
    • 19:57
    311と言い、このJAL123号機と言い・・・「忘れないで」って、言うことばかりね…。

    みんなが年中「忘れないで」・・・って、最近言っているのが
    私にはとても違和感がある時があります。

    *****************
    参考外部ブログ:
    JAL123便墜落事故の真相 ―かるべき多くの生存者が情け容赦なく殺された
    *****************
    2014_0313.jpg
    911と言い、311と言い、西洋医療製薬会社系と言い、
    裏側とされているものって、人をこんなものですよね。

    ちなみに、日本の上空は、日本のものではありませんね。

    人はいくらでも、酷くなれると思います。
    信じるものが違えば行動が違いますから。

    そうそう、阪神大震災でも、明らかに不自然な箇所がありますね。
    それで犠牲が多くなって皆、涙流してる訳でしょう?
    そして「忘れないで」と言っている。

    お花畑に住んでる状態ですか、最近の日本人の心って。

    「特定秘密法案」については、良く考えなくても、
    国家としての機密がタダ漏れで、どこが独立国なのよ、と思いましたね。
    反対派の人は個人的な事情でしか反対してなかったし、国としては戦後60年くらいして、
    若干体裁が整った程度だと思います。

    そもそも、団塊の世代は、
    すでに戦後教育の人たちなので、日本人の根本的な「考え方」は疑って持った方がよいだろうと
    私は思っています。

    「こんな日本にだれがした?」「不況だから仕事がうまくいかない」
    ・・・って、その人たちなんですもの。

    現在、私は、新書などの解説も読むのだけど、考えの基礎となる書物は、明治時代以前なんです。
    これからの時代のためにしっかりしたいですね…。

    20110811_1941592.jpg

    ただ問題は、そんな既存権力を含めて、どんな世が良いのか、
    ビジョンをどれだけ思い浮かべる人がいるかだと最近は思います。


    ブログ内シリーズ:世界樹通信

    【世界樹通信】ネット情報を制する者は、生死の境目をコントロールする。

    • 2014.02.20 Thursday
    • 14:26
    甲府を中心とした大雪の被害に合われている方におかれましては
    心からのお見舞いを申し上げます。
    まだ、孤立されてる方、仲間がそちらに向かっています。
    あきらめず、前向きにいてください。

    私の情報収集は、「え? そんなにマスコミに出てない?」と思ってから、スタートです。
    (私は元テレビ屋ですが、家には意識的にテレビがありません)

    写真は甲斐もんネットさんから。

    そもそも、Twitter、Facebookにおける個人的な理念としては、
    日本を中心に世界中の「町の人の声が聞きたい」為に広げてきたもので、
    同時に、災害対策用の情報収集の為に構築している部分もあります。

    SNSの情報は、使い方によって、もはや、生死の境を
    制するのものになっています。

    人と人が繋がりを持つと言うのは、それぞれの人生を共有するもの。
    ならばシェアし、何かがあれば助け合うのが、人としての道でしょう。

    スマホや携帯や、PCの前には人がいるのだから。

    なお、テレビ報道については、少ないという言う意見が多数でその通りだと思いますが、
    L字や文字情報として随時、情報として流されているだろうと思います。
    テレビ局も収入減少により、かなり痛い目にあっているのは皆さんのお勤めの企業と
    同じだということを認識に入れておいてください。
    (有名大卒の新卒くんが、社会経験もなくそのまま現場に入ると、これまでの教育により
     ありえないほど感性が鈍くて使えない、ということも同じことです。)
    元テレビ屋としては、テレビはマスメディアとしての機能がまだあるので、嫌いにならないでほしいし、
    良い方向に使い込んでください。

    情報がないから・・・
    情報は提供されるものと取りに行く場合があります。
    提供される場合には、それがコントロールされた後だと思ったほうが良いでしょう。
    取りに行く場合は、精査される前なので、清濁併せ呑む覚悟がいります。

    過去、大本営発表を疑問に思い、宮崎口蹄疫と311東日本大震災と情報を追ったこともありますが、
    大雪の情報は今回も、山のようにありました。
    ただ、取りに行く覚悟という心の持ち方がいります。

    ********************
    参考外部:
    ツイッターで集めた写真から状況確認して指示 大雪被害、佐久市長の活用法に称賛の声
    世界最強の除雪機甲師団の1つ? 新潟県内部隊(官民混成)+北陸が山梨県に即参上までの経過

    甲斐もんネット「【2014大雪】やまなし被災状況まとめ
    【2014大雪】やまなし”農業”被災状況まとめ
    *********************
    基本的な初動の動きの遅さは、情報の遅さと、回りと横を確認しているからで、
    今までの戦後教育により、情報発信、独自の人生を展開する勇気、理念の創造、
    作り上げる責任ということの大切さを社会全体が忘れているからです。

    何かをするだけでも、誰かの判断基準を尋ねないといけない。
    本当のところは、それが、利権者の奴隷になっているのを理解できない人たちがいるのです。
    残念ながら自己の判断は、一夜にしては築かれない、不断の学びによるもの。
    この判断というのは、コンビニエンスストアでは売ってないし、ビジネスセミナーでも教えてくれない。

    山梨県を始めとするこの度の大雪災害関は、その点が一番芳しくないかと感じます。

    社会の裏道を堂々と自らの判断で断行できる方、
    重要なのは、そこだろうと感じます。早急な対策を要望します。

    どこまで言っても、言いなりなのか。(ワクチン系覚書)

    • 2013.03.11 Monday
    • 06:08
    さて、懲りずにこんなことが・・・。
    *************
    子宮頸がんワクチン重い副反応 中学生、長期通学不能に」朝日新聞デジタル 3月8日(金)

    「 サーバリックスは3回の接種が必要。母親によると、女子中学生は12歳だった2011年10月に区内の医療機関で2回目の接種をした。その直後、接種した左腕がしびれ、腫れて痛む症状が出た。症状は脚や背中にも広がり入院。今年1月には通学できる状態になったが、割り算ができないなどの症状が残っているという。

     接種した区内の医療機関は「サーバリックスの副反応」と診断し保健所に報告した。厚生労働省によると、昨年8月末の時点で、全国で接種した延べ663万5千人のうち956人に副反応が起きているという。失神が多いが「四肢の運動能力低下」「歩行不能」などで未回復の例もあり、副反応の発生率はインフルエンザワクチンの10倍程度という。」
    ***********

    きちんと、自分の家族の身は守りましょう。


    ************「子宮頚がん予防ワクチンの危険性(pdf)」弁護士 南出喜久治 平成22年7月23日

    (一部)
    子宮頚がんとは子宮の頚部に発症するがんであり、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスによって起き、多くの場合性交渉によって感染するとされてきた。
    ところが、これは正確ではないことが早くから指摘されていた。
    それは、後に触れるとおり、米国FDA(食品医薬品局)が平成15年3月31日の報道機関発表により、「HPV感染と子宮頚がんの発症とは関連性がない」ことを認めたことを前提とする請願書がFDAに提出されていた事実があったからである。

    つまり、これによれば、「HPV感染=子宮頚がん発症」という等式は否定され、HPVの感染を予防するワクチン(HPV感染予防ワクチン)では、子宮頚がんは予防できないことになる。にもかかわらず、「HPV感染予防ワクチン」に過ぎないものを「子宮頚がんワクチン」であると偽って、我が国では政・官・業・医・民あげてそのワクチンの接種を推進をしていること
    になる。しかも、それがすさまじい異常な営業的運動なのである。

    さらに、新聞各社の報道を整理してみると、これに公費助成までして小学校、中学校の女児に集団接種を実施している自治体が平成22年5月15日現在で 47 市区町村に及んでいる。
    たとえば、東京都杉並区では、本年度から「中学進学お祝いワクチン」と称して、全額公費負担で接種を開始している。実にふざけた話である。しかし、このような傾向はさらに増えることが予測される。

    しかも、そのHPV感染予防の効果としては、一生続くものではなく、たかだか5年程度とされているのであるから、接種を受けた少女たちが、正常な生活を経て成人に達するころには、その効き目は無くなってしまう。それでも未成年期の性交渉による感染を防ぐためであるというのは、さらに異常なことであり、まるで少女期の性交渉を奨励していることと同じである。

    (略)

    この子宮頚がん予防ワクチンと称するものには、強い副作用を起こすと指摘されているスクワレン(スクアレンsqualene)などが含まれたアジュバントがあり、これが不妊化させる危険のある異物であることから、このワクチンは断種(危険)ワクチンと言える。
    このアジュバントはもともとペットの去勢・避妊効果のあるものとして開発されたものとされ(注 3:WHOによるパンデミック宣言の真相解明のために欧州会議が調査を開始)、これを人間に投与すると妊娠ができなくなり、以降子供を生みたくとも、一切不妊治療ができない完全永久不妊症となる危険性があるとされる。

    スクワレンなどを主成分とするアジュバントの危険性については詳細に後述するが、昨年、パンデミックの大騒ぎをしたいわゆる新型インフルエンザワクチンにもこのアジュバントが含まれており、断種ワクチンであると指摘されて
    きたが、マスコミはこれを隠蔽してきた。今回の「サーバリックス」においても、その危険性は報じられていない。

    ***************
    参考動画

    【サーバリックス子宮頸がんワクチンによる民族浄化/弁護士 南出喜久治】

    **************

    また、インフルエンザワクチンについて
    【『待って!そのワクチン本当に安全なの?』【10分ダイジェスト版】WB3】


    【ワクチンには何がはいっているの?】

    イスラエルという国、健忘録。 Google新オフィス〜原発

    • 2013.03.09 Saturday
    • 05:47
    Googleが新オフィスをイスラエルに作ったという話。

    ************
    外部リンク
    うらやましいぞ! イスラエルに出来たグーグルの新オフィス
    ************
    これが、大変創造的で素敵なオフィスなんである。個人的にはこういう所は大好きです。

    地元の友人の息子が、ITセキュリティー関係を学んでいたようで、
    イスラエルは元々、セキュリティー系がトップクラスとのこと。

    よく考えると、キリスト教、イスラム教といずれも一つの神様を信仰する宗教が出てきた。
    キリスト教は、そもそも太陽を信仰とするものだ、という解釈もある。
    元々は、それらは一体であった可能性もある。

    ************
    内リンク
    宗教というジレンマ」2012.03.27
    宗教は、もともとある人の信仰心を利用し、誰かが世の中を統率するためのものだと、考えてみる。」2011.06.22
    ************

    さて、またイスラエルというと、東電の原発の警備会社はイスラエルの会社だとか・・・。
    今、私の所属している事務所は、リスクマネジメントを電力会社に教えているところですが、
    ・・・・原発の人たちは絶対に出てこないようです・・・。

    ************
    外部リンク
    もりのくま「東電がいちばん触れてほしくないイスラエルのマグナBSP社はモサド=CIAだと思われます
    Israeli firm which secured Japan nuclear plant says workers there 'putting their lives on the line'」HAARETZ(英文)
    ************

    そもそも、福島原発の中身は本当にあるのか、知りたいところです。
    警備会社はイスラエルの会社です。すると、原発事故そのものの意味が違ってくるのですが・・・。
    そういえば、海外メディアがきれいに福一の爆発する瞬間を捉えていたけども、そこになぜ、カメラがあったのか・・・。
    現在は、普通に近づけないわけで・・・。

    **********
    さてと、わが国・・・・
    <第1原発事故>福島県が放射線データ消去 緊急測定半年後」毎日新聞 3月9日(土)2時31分

    「東京電力福島第1原発事故を受けて11年3月12日午前5時ごろから、福島県が約5キロ離れた避難所に可搬型測定器を設置して緊急時放射線モニタリングを行いながら、測定器を回収した同9月にデータを消去していたことが分かった。県は「データを上書きし記録も残っていない」と釈明、国への報告も怠った。原発10キロ圏では同時刻ごろから線量の上昇が確認されているが、消去により国の指針が定める住民の被ばく評価もできなくなった。」

    *************

    ・・・ということだけど、上記を考えると
    そもそも線量など、どうでも良いのでは? という見えない意思も感じますね。

    【世界樹通信】真の拝金主義とは・・・

    • 2013.01.12 Saturday
    • 23:26
    真の「拝金主義」とは・・・
    2013-01-06朝の聖橋
    (2013.1.6 朝の聖橋(御茶ノ水))

    世に流れている紙幣は、印刷物で、財の本質とはちがいます。
    たんす預金や、なにやらで、持っている人は、紙幣という印刷物を持っているだけのことです。
    真の拝金主義とは、お金の力に対する信仰であるところ。
    印刷物集めや自分ひとりで囲う、というのは信仰に値しません。そういうのは、偶像崇拝で、どこかの受付のお姉さんがきれいで見ているだけで嬉しい部類と同じものです。

    財は、世の中にまわして何ぼです。

    こないだ、マグロが1億5千万で売れたというニュースがありましたが、それは何人かの人間に収まるだけでそれで終わるので、たかが知れています。ニュースになるという水物の広告宣伝費、本質的には、何人かの胃袋に入って水に流される運命になるもの。
    このあたりからも、食をつつしむと運が開ける、というのはくるのでしょうね。

    本来の財の拝金とは、もっとダイナミックなものです。

    水野南北
    年末実家で久しぶりに開いた書、江戸時代の運命学者水野南北が記した本、「南北相法」「終身録」の
    現代語訳です。(新修「南北相法・終身録[全]〜開運の善導とその極意」水野南北・著/水沢有・訳)
    途中、Q&Aでこんなものが出てきます。
    ***********************
    問「観相者がいう散財とは、どういうことをいうのでしょうか」
    答「巷で俗にいう散財とは、本当の散財ではありません。
      財宝をあふれるほど持っていても、本来は自分のものではありません。
      財は天地の宝ですから、一時他に洩らしてもめぐってもどってくることがあります。・・・・・(略)」
    問「私は人に多くのお金を貸して苦労しています。これは返してもらえるのでしょうか」
    答「財は天地の宝です。
      その財を他に与えたということは、その時点で天地に返したことになります。
      また、時間がたって自分に戻ってきた時は、点から預かったものと考えると、なにも苦に感じることはないのです」
    問「それならば、財の借り受けをしない人はどうなのでしょう?」
    答「財の借受をしない人は”天地の賊”です。また、財の通り道を断ち切るようなもので、財の出入りが悪くなり、
      後になって大変困ることになります」

    **********************
    借り入れをして誠実であるなら、「返さんといかんがな」ということで、
    それをするために創造をし、また、世の中が回るという寸法なのですね。

    誠実に、物事や事柄や生活を作り上げる。
    それは、生きる根幹とも言えます。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    facebookページ

    つぶやき。

    緊急災害募金

    本棚

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM