スポンサーサイト

  • 2016.11.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【穀菜食】「炒り玄米」で、玄米をさらに安全に美味しく。

    • 2015.03.07 Saturday
    • 06:01
    マクロビオティックをしてますっていう人は、
    大抵、顔色がどす黒いときがある。

    原因はおそらく玄米かしら。

    玄米というのは、実は、脂肪が大変多い。これが肝臓に負担をかけます。
    マクロビ教本的なものには大抵、一口200回噛むというのがあるんです。
    これは、口の中の唾液で一度、その脂肪分を調理しなさいよ、
    という意味もある。

    そういえば、化学調味料なども、200回、300回とか噛むと
    「ぶっちゃけ、消化するんじゃね?」
    という、斜め上を行く力技の情報もあったりします。
    (出典:「雑草が大地を救い食べ物を育てる」高野學:東海大学教授・芽はえ社)

    最近の人たちは、噛めないので、基本的に肝臓に負担をかけて、結果どす黒くなる。
    私も噛む癖がないので、ダメでした。肌がデコボコになっちゃう。

    でも、玄米には、栄養があるので、おいしく頂きたい。
    じゃ、ってので、私の食養のセンセ、須永和尚のお料理です。



    玄米は一度乾煎りして、そこから使います。そうすると、脂肪の消化を助けられます。
    天然塩をパラパラすると、おやつや日本酒の肴に。
    また、三年番茶で、番茶粥にしたり。

    炊いたご飯は香ばしくて美味しく、白いごはんと炊いたり、
    お野菜と一緒に炊いたり炒めたりすると
    さらに美味しくいただける。

    炒り玄米のつくりかた:須永晃仁(8'17")

    0"〜炒り玄米
    2'30"〜炒り玄米を炊く
    3'35"〜鉄火味噌のような料理 ごぼうと玄米

    お試しください。


    参考外部サイト:
    眞天庵
    須永晃仁和尚ブログ 米ぞうの家
     

    スポンサーサイト

    • 2016.11.06 Sunday
    • 06:01
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>

      facebookページ

      つぶやき。

      緊急災害募金

      本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM