スポンサーサイト

  • 2016.11.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【東京見聞録・35】どんだけWe Love 杉並区?! @With 遊 7周年記念イベント(東京杉並区荻窪)

    • 2015.05.12 Tuesday
    • 00:02
    2015年5月、絵の展示をさせてもらっている、With遊さんち。
    平屋のカフェはホールと併設になっている。
    聞くところによると7つのスピーカーとスクリーンがある。

    ライブの時は、必要のないスピーカーは消すらしい。

    「自主映画の上映イベントに良いんだ。そのために作ったようなものなんだ」
    とマスターが言っていた。 
    実際にホールに入ると、防音もしっかりしていて、こじんまりとしているんだけど
    手がかかっているのが良く分かる。

    この「With 遊」というお店、
    ビルの合い間に、一件平屋があって不思議だなぁ、
    と思っていたら、 元は銭湯だったとか。

    昔はお湯で人を癒し、今はカフェとホールで人を癒し。
    不思議と落ち着く空間。

    2015_0511a.jpg
    ママさんが展示追加品を持ってきたとき、出してくれたお茶。

    「息子のバンドが出るんだ」
    と言って、誘われた7周年のイベントにお邪魔した。
    音が確かめられる、というのと
    (いつもはJAZZばかりだから他のジャンルも久しぶりに、と)
    バンドの平均年齢は30代前半。ジャンルはポップス。
    エンタメだったり、アコギだったり、MCの技はゲットね、とか思ったり...。

    それにしても、さすがに音が良い。
    ちなみにおいてあるピアノはグランドピアノ。
    アンコールにはこんな曲も「故郷は荻窪」  作詞:山下啓義 作曲:田辺望

    作曲はWith遊さんちの息子さんで、作詞は阿佐ヶ谷ゆかりのJAZZピアニスト山下洋輔さんのお兄さん。
    そういえば、山下洋輔氏はエッセイも書くから、 そんなご家庭だったのかもなぁ、と思う。
     
    私が住んでるのが、杉並区でも
    お店のある荻窪の隣にある阿佐ヶ谷ってところで。
    これと言って、パッとした特徴は? と問うと、さて?
    そうだな、近くにアニメ会社多いとか、劇団があるとか、昔文士が多くいたらしくって、
    なんだかJAZZが深くと思うのだけど…

    FBのフレンドさんの結婚に至るお見合い話で、
    お互い阿佐ヶ谷に住んでいたことがきっかけで決めちゃったっていう話があって、
    ビックリしたのだけど、
    そうした空気感もなんなだ納得するような空気が存在する。

    うーん、強いて言うなら「愛がある」
    そう、地域愛が強い、そんな感じ。
     
    当日の様子は
    かふぇ&ほーる With 遊

    スポンサーサイト

    • 2016.11.06 Sunday
    • 00:02
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << March 2017 >>

      facebookページ

      つぶやき。

      緊急災害募金

      本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM