スポンサーサイト

  • 2016.11.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【JAZZ研】"But Beautiful” 恋ってそんなもの。

    • 2014.02.27 Thursday
    • 11:38
    ジャズのジャムセッションばかりに出て早幾年。
    個人的に、音に色や形が見える共感覚と、耳が聞こえすぎるため、
    プロの音って硬く決まったら入れないからコロコロそこで遊びますとか、
    音圧で音に跳ね飛ばされて、音、分かりませんとか、
    できなかった時の良い訳が、訳の分からない小さな子供みたいなんだけど、
    私にしか分からない事実で、仕方ないから放置・・・。
    こないだは3分で譜面の書き方を習ったり・・・音楽的には、相変わらず「野良」で迷える子羊を満喫している状態。
    ・・・そのうち整えます・・・一応、素材準備をしているけれど、やっぱり現在放置で。
    ピアノ、腕が弱くて2時間と持たないのだけど、あれは改善されたのかなぁ・・・。

    「あなた、気になってたの。あなたの"All Of Me"を聞いて思ったわ。
     ジャズを表現できる人って、なかなかいないの
     だから、プロになってください」

    彼女は、私を見て最初にそう言った。

    地元山口県にいた2009年、心の中に音楽を所望した小さな女の子がいて、
    それをないがしろにしている事に気がついた私はちょっとだけ歌を習った。
    東京生まれのシャーリー・マクレーン(仮)は(雰囲気がそんなだったので、勝手に呼んでいた)旦那さんの仕事関係で山口県にいた。平日の昼間しか生徒を取らない人で、うわさでは、とても厳しい先生らしかった。
    「らしかった」というのは、私には先生の厳しい理由が良く分かるから、たいして厳しいとも思わなかった。
    綺麗なものが好きなのは見ていて分かった。
    091225_1649~01.jpg
    唯一の課題曲、New York State of Mind(B♭)・・・一部忘れている気がする・・

    年齢は多分60代。自宅には室内飼いの大きな犬がいた。
    彼女の歌は、「シャボン玉ホリデー」とか「ゲバゲバ90分」とか、昭和の時代の、ガチで正しい音楽のキレイな英語の発音だった。彼女は英会話をずっと続けていて、
    「あの言葉の意味はネイティブに聞いたら違ってたのよ。勉強は大事ね」
    なんて。
    自分が企画するライブは、もうほとんどしていなかったけど、耳元で聴いた「All Of Me」は色気たっぷりで、
    クラッときたりした。
    平日昼間しか生徒を取らないあたり、土日は旦那さんがお休みで、旦那さんの生活時間にあわせているのね、と思い、
    恐らく時々その色気で、氏にマジックをかけているんだろうなぁ・・・、なんて思ったりもした。
    ・・・旦那さんには会ったことはなかったけれど、事業がうまくいっている人の家庭はたいてい上手くいっているのが
    基本なので、おそらく仕事はできるタイプなんだろうな。
    また逆に、本当に女性に惚れこんでしまったなら、仕事をついガンバちゃうのが男性ってもんだからね。

    私が習ったころ、彼女は社交ダンスを始めていて、全身が写る大きな鏡を購入した直後で、
    うれしそうでキラキラしていた。それを見ている旦那さんもうれしいだろうな、とか思った。
    今思えば、JAZZって都会の音楽で、最初はダンスホールで踊るためのものだから、それって正しいんだよな、なんて。

    そんな都会的なセンスを持ち合わせているから、田舎しか知らない人とは亀裂はあっただろう。
    また根っからの江戸っ子と来た日には・・・。(東京に住んでから、古きよき昭和の匂いを感じた訳だけど)
    さらに言うなら、音楽大学卒の音楽家とは合わなかっただろうと思う。
    推測されるのは、どんな業界でも言われる「知識」か「知恵」かの問題。

    JAZZの楽曲のテーマは人の人生のどこかしらを切り取ったものなので、
    特に歌は、それを表現するにはそれなりの人生をやってきたほうが良いようだ。説得力が違うから。
    人生やってきて身についた「知恵」は、時々「知識」を凌駕するのは、どんな業界の仕事現場でもよくある話で。
    映画とかの物語でもそこで救われたり、痛快さを感じる。

    「30半ば? 習い始めには丁度良い年齢よ。あまり若くちゃ歌詞が理解できないからね」
    とも、シャーリー(仮)は言っていた。

    そういえばその昔、当時付き合いがあった友人から冗談で、
    「恋愛の歌を歌うなら、3回くらい子供おろすくらいの勢いがあったほうが良いだろう」とか言われていたけど、
    一般社会人的に倫理道徳無視な発言も、表現者という立場で言うなら、あながち嘘じゃないと思うのだけど、
    今の時代リアルにやると、ただの痛い人でもある。自分はまず、大事にすべきだと思う。

    さらに、芝居の世界では「良い役者になるには、まず、良い人間になりなさい」ともある。
    ただ、芝居には台本が存在し、音楽には譜面が存在し、
    文章やそのほかの読解能力があったほうが良いというのは当たり前の話で「知識」はあるに越したことはない。

    さて、歌詞の訳って専門家がいるくらい難しい。
    "But Beautiful"(1947 Johnny Burke/James Van Heausen)
    ってスタンダードがあって、「しかし美しい」・・・直訳するとそうなるけど、「JAZZ詩大全・1」によると違うと。

    Love is funny or it's sad
    Or it's quiet or it's mad
    恋は楽しいけど悲しい
    おだやかなときもあるし狂ってるときもある

    It's a good thing or it's bad
    良いときもあるし悪いときもある


    But beautiful
    しかし美しい・・・・・

    ・・・訳ないだろう、と人生経験豊富な方なら思うだろう。
    正しくは「そんなもの」「それで良い」みたいな感じのよう。

    Beautiful to take a chance
    And if you fall you fall
    恋は敗れても敗れても、チャンスがあるならいくのがいいね。

    あぁ、これってあれだ。「cool」が「決まっているね」とか、「かっこいいね」みたいな。
    よく本来の言葉の意味が斜めに表現している、あれに似てるのね・・・。

    And I'm thinking
    I wouldn't mind at all
    それでも僕はそれでいいと思うんだ。

    Love is tearful or it's gay
    It's a problem or it's play
    恋は涙であふれることもあるし、愉快こともある
    人生かけた大問題のこともあるし、遊びなこともある

    It's a heartache either way
    But beautiful
    心の痛みはどちらも一緒、恋ってそんなものだね

    And I'm thinking if you were mine
    I'd never let you go
    もし、君が僕のものなら、決して離しやしない

    And that would be
    But beautiful I know
    って思うのも、そういうことだってことだね
    (注:かなりの意訳)

    ・・・良いわ♪

    と、セッションで前に出て試しに歌ったら、歌詞に思わずのまれる羽目になり。
    ボロボロと涙が出てくる。はまるとまた、後半の歌詞だけで二時間くらいホロホロと来たりして…。
    やれやれ、そんなつもりじゃなかったんだけどなぁ・・・。
    音の次は、言葉か・・・・・まぁ、それも放置。



    私がどんなに歌っていくかは、ちょっと先の話。

    But beautiful I know...

    スポンサーサイト

    • 2016.11.06 Sunday
    • 11:38
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      はじめまして、岩国の福田雅美と申します。
      ひょんなルートでブログを拝見しました。
      ステキな女性だと感心しました。
      ツイッターもフェイスブックもしませんが、
      月に一度、岩国のほまれ座で気ままに歌わせていただいてます。
      30年ぶりに活動再開しました。
      生涯の趣味です。
      いつかお会いできたらいいですね。


      • Masami
      • 2014/03/01 10:52 AM
      はじめまして。Masamiさん
      岩国のほまれ座は何度かお伺いしたことがあります。
      しばらく山口には帰ってないのですが、
      お会いできたら良いですね(^^

      今後ともよろしくお願いします。
      • 晴子
      • 2014/03/03 4:40 AM
      お返事ありがとうございました。
      友人に東京在住のピアニストで小野孝司という知り合いが
      活動されてますが、彼のブログも
      趣味の写真がなかなかステキです。
      良かったら、お時間のあるときに・・・・
      ご活躍をお祈りいたします。
      • Masami
      • 2014/03/03 7:43 PM
      Masamiさん
      情報ありがとうございます(^^
      小野孝司さん、
      探して見ますね。
      • 晴子
      • 2014/03/03 10:37 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << May 2017 >>

      facebookページ

      つぶやき。

      緊急災害募金

      本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM