スポンサーサイト

  • 2016.11.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【仕事の話】「少年よ、”大紙”を抱け!」…そもそも、そんな小さいものに人は収まらないって・・・。

    • 2014.06.17 Tuesday
    • 06:06
    こないだお会いした習字の先生。
    水墨画もおやりになるので、絵のつながりでお会いした。
    話は、次のようなことになる。

    iPadとかで(デジタルで)絵を描けるのを純粋に喜ぶのは疑問に思う。

    手で絵の具の感覚を知って、汚して怒られるくらいが本来の子供時代のあり方では?

    それ以前に、そもそも、iPadごときのサイズで、自分を表現しきれるのか?

    「分かるわ」

    先生の習字教室に来る子供は、
    最初は書く字が収まらない子がいるようだ。
    でも、その書く字は面白いと。

    最初から収める子がいるけども、出来上がった字はエネルギーが少なく、面白くない。
    収まらない子というのは、そのうち、収めることを覚えるからそっちの方が良いの、と。

    ところが、一つ問題があって、
    のびのびと字を書いても親がくると、突然書いている字が
    小さくなったりするらしい。
    だから、そういった親が来たら帰ってもらうのだという。
    「問題は、親ね」 なんて話になった。

    良く考えたら私も、最大の作品は、たて2メートル、横は10メートルくらいはあった。
    (二次元表現で、「絵」ではないけど。いくらでも大きく展開はできるよな、なんて思ったりして…)
    で、たまたま新しい絵を頼まれて描くことになり、その手法を使う。

    最初は見事なくらい、収まらない(笑)そして、収めてくるのだ。
    龍のディティールは、触れるくらいイメージする。
     2014_05?龍.jpg
    で、
    完成。
    エネルギーは内に込める。すると、燃える時間は恐ろしく長くなる。
    2014_05?龍02.jpg
    額装するとこんな感じ。
    2014_05_龍?額a.jpg
    お渡ししたら、喜んでいただいたようで、安心した。
    (次の課題は、風神と雷神です。)

    さて、発達障害(← そもそもカテゴリーがあるのが疑問なんだけど)のある少年が、
    iPadに出会い、 それを介して世の中を理解ができた、なんて記事を見かけたけど。
    恐らく、1+1=2がなぜ? というような概念の理解ができない障害なんだろうと思う。

    正直なところ、そもそも不自然だということに気づいたほうが良いと個人的には感じるので
    もろ手を挙げて喜ぶべき問題ではないと思う。

    脳みその発育に問題がある場合もあるのでは、考えたほうが良いのでは、と。
    それは不自然な食物も関係しないのか、と。

    それでも、彼がのびのびと生き残るには圧倒的に必要なので、
    実際には、とりあえず「使いまくれ」と私は言うと思う。

    たださらにいうなら、「少年よ、”大紙”を抱け!」
    それを、地球サイズくらいにしてね。
    宇宙クラスでもいい。

    …そもそも、そんな小さいものに、人なんてものは収まらないんだから・・・。

    スポンサーサイト

    • 2016.11.06 Sunday
    • 06:06
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>

      facebookページ

      つぶやき。

      緊急災害募金

      本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM