スポンサーサイト

  • 2016.11.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【つれづれ】「白い封筒」から見る、経営者候補しかパートにいない「セブン・イレブン」

    • 2015.01.22 Thursday
    • 12:28
    テレビディレクターを辞めた後、私は実家に帰って、
    近所のセブンイレブンの早朝アルバイトに出ていた。
    私の場合、履歴書が明らかに他の人と違う訳で…。

    「これは、先があるね」
    と、いうのが、そこのオーナーが私に下した評価だった。
    それでも許可が降りて働くことになった。


    私自身も、当時は、少し体験潜入取材的な要素も確かにあった気がする。
    ところが、そこで出逢うお客さんと、多岐に渡る仕事内容にずいぶん癒され、というか、
    何しろ接客業を本気でやろうとすると、
    「人として…」人への接し方が矯正される何かがある(笑)。


    コンビニのパートは、経営上の社会保険の関係などで、
    良くも悪くも3時間ごとに区切りがあり、その時間に合う人を探すのが、結構大変。


    「でもね、一切そうした求人の必要がないお店があるんだよ」と、オーナーが言う。
     
    理由はこう。
    「オーナー候補しか来ない」
     
    なぜ、オーナー候補しか来ない理由は良くわからないのだけど、
    次から次へそんな人が「働かせて下さい」と来て、
    求人を出したことがない、という。


    確かに、そこのお店も良く利用していたのだけど、
    言われてみると、求人のポスターを見たことがない。

     
    実家に帰った時、出雲大社の分社に行くときに、
    「御榊料」を納めよ、というので、封筒を探した。
    「準備していたはずだけど…」
    家には、白い封筒が無かったので、正月三日の朝早くセブンイレブンに買いに行った。

    ところが、二件まわっても、白い封筒があるだろうと予測されるところが、
    もれなく空になっていた。

     
    もしや、あそこのセブンイレブンは…と、私は気になった。
    そう、オーナー候補ばかりいるセブンイレブン…。

    着いてみると、
    店には相変わらず求人の張り紙はなく、スタッフは男性。
    …あった…白い封筒…。
    しかも、後1つとか2つとかじゃなく、ちゃんと数枚ある…。

     
    予測通りというかなんというか。小さなところまで抜け目がないというか…。
    「生活の為に働いています」という意識と、
    「将来的に店を持ちたい」と言う意識は全然違っておのずと行動が違う訳だけど…
    助かったなぁ…

    なんか、そんなものを封筒一つで見た、という風に思い。
     
    (しかし、たぶんこれ本当は、郵便番号書くところ
     ない方が良いんじゃないかと…思いつつ…w
     …大丈夫かい、我が家…


    スポンサーサイト

    • 2016.11.06 Sunday
    • 12:28
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      facebookページ

      つぶやき。

      緊急災害募金

      本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM