スポンサーサイト

  • 2016.11.06 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    【人間の心と体】成人男子の60人中58名が奇形精子保有者。問題は、サプリとかで解決しない。

    • 2015.02.20 Friday
    • 08:38
    意外とみなさん勘違いしているのですが、
    そもそも論として、現在の食文化の状況は危機的状態です。

    *****************
    参考:外部ブログ 【マジ!?】20代男子60人中58人が奇形精子保有者!その原因とは?

    **************上記先からコピペ

    21歳の男子と言えば、
    その行動基準の根底には女性に対する想いが大きな領域を占めている年頃、
    と言ってほぼ間違いないでしょう。

    しかしこの精力モリモリ世代の男子の精子が今まさに危ない!という状況なのです。
    精神科医・銀谷翠先生によると、不妊学会発表のデーターで
    『大阪府在住、平均年齢21歳の男子大学生60人中、正常精子保有者が2名、
    残りの58人の精子が、双頭精子、尾が折れ曲がった精子、巨大精子set..
    などの「奇形精子」だった』と発表されています。

    <You Tube第11回 添加物が生む害について考えよう【CGS 銀谷翠】より>

    原因調査をしたところ、奇形精子保有者58名中48名がカップ麺やハンバーガーを
    常食としていたという「食生活の偏り」に行き着いたそうです。

    ではカップ麺やハンバーガーの何が良くないのか?

    それはズバリ!添加物です。
    ハンバーガーやカップ麺は添加物の固まりだと言うのです。

    食品の保存や運搬などには無くてはならぬ添加物。
    今やどの製品にも何らかの添加物が入っていると思っていいでしょう。
    しかし、この添加物は本当に安全なのでしょうか?

    様々な国が認定している添加物の数を見てみましょう。
    アメリカ:133品
    ドイツ : 64品
    フランス: 32品
    イギリス: 21品
    そして日本はなんと1000品前後、
    まさにザル状態!なのです。

    海外では毒物として扱われている物が日本では大腕を振って食品に添加されている。
    食文化が変われば必要な添加物も異なるのは理解出来ますが、
    この他国との隔たりは大きすぎないでしょうか?

    安全を信じて、何の疑問も持たずに食べていていいのでしょうか?

    自然界にも目を向けてみましょう。
    海の中では、船舶に塗布する有機スズの影響で、
    巻貝のインボセックスの出現が確認されて久しく経ちます。※1

    ※1:インボセックス:Imposed sexual organの略語。
    メスの証である卵輸管を持っているにもかかわらず、ペニスか輸精管の少なくとも一つを持っているものと定義されている。
    (国立環境研究所HPより)

    環境ホルモンの影響は、メスは雄化、妊娠維持困難、生殖可能年齢の短縮、流産などとの関連が疑われ、
    オスでは精巣萎縮、精子減少、性行動の異常などとの関わりが疑われています。

    ここで刮目して頂きたいのですが、この環境ホルモンの生殖に及ぼす影響は、
    現代の人間社会にもそのまま当てはまるのです。

    メスの雄化=オヤジギャルの出現!
    精子減少・精巣萎縮=草食系男子の出現!
    時流だと思われているオス力の低下などは、実は知らず知らずの間に忍び寄る環境ホルモンの影響によるものです。
    同世代の多くの男性がそのようにある為、何の疑問も持たずに結果として生殖能力の低下が標準化しているのです。
    この環境汚染の影響が比較的はっきりと現れている過去の事例として次のものがあります。

    「1980年に湖の近隣の農薬工場で、殺虫剤であるDDTを含む薬品が大量に流出、
    翌年以降、ワニの数が90%激減。
    また産み落とされた卵の多くは孵化せず、孵化しても大部分はメスで、
    わずかに産まれたオスは生殖器が正常の1/4しかなく、女性器である卵巣を持っていたり、
    血液中の男性ホルモン濃度が極端に低い状態であった。」
    (平成9年11月NHK特集、環境ホルモンより。)

    環境ホルモンを始め食品添加物や文明社会が生み出す、私達の生活を快適に支えてくれている身の回りの物資達、
    これらが私達の精子を危機にさらしているのです。
    身の回りに溢れる環境ホルモンや食品添加物の影響は、
    一見何の害もないように思えるのですが、知らぬ間に我々の生殖機能を蝕んでいるのです。

    ************************コピペ終わり

    上記を踏まえた上で、
    自分のからだを作る食事というのをまず、考えなおしてほしいですね。
    そして、日本の食卓がすでに戦争状態で、かつ、完全に占拠されてる事実も
    良く認識してほしいです。

    30年前とかとは、本気で、状況は違います。
     

    スポンサーサイト

    • 2016.11.06 Sunday
    • 08:38
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      facebookページ

      つぶやき。

      緊急災害募金

      本棚

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM